そもそも「七五三」とは?

子供の成長の節目に、その土地の神様である氏神様に無事に成長したことの感謝と、これからの長寿を祈るのが七五三の行事です。古来、宮中や公家の間で行われていた行事ですが、大衆には江戸時代に関東から全国へ広まり、明治時代に今の形になったとされています。昔は産まれて間もなく亡くなる子供も多く、誕生してから3~4年ほどして現在の戸籍にあたる人別帳などに登録していました。7歳までは神からの預かりものという認識で「七つまでは神のうち」「七つまでは神の子」と言われるなど7歳まで成長するのが難しく、子供が無事に成長することが何よりの喜びでした。7歳まで成長した子供は氏神様へお参りし、地域社会の一員として認められていました。

七五三は数え年でやるの?

昔は数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをしましたが、現在は満年齢でお祝いする方も多くどちらでもかまいません。ところで「七五三」はなぜ奇数の年齢なのかご存知でしょうか?多くの節句が奇数の重なっている日となっているように、日本では奇数を陽数・偶数を陰数といって奇数は縁起の良い数という考えがあります。神からの預かりものである子供が3歳・5歳・7歳まで無事に成長した喜びをお祝いする意味があると言われています。

七五三をお祝いする時期は?

七五三は本来は11月15日です。旧暦の11月15日は二十八宿の鬼宿日で婚礼以外は吉とされています。また旧暦の11月は収穫の実りを感謝する霜月祭の月でもあります。現在では、その時期は神社が混み合うことも予想されますし、北国などでは寒い時期にあたるので早めに行う地域もあるなど、都合に合わせてお参りすることが一般的になっています。神社やお寺へお参りする時は、混雑する時期ですし事前に連絡してから参拝すると良いでしょう。

七五三はその土地の神社である氏神様でお参りするのが古くからのしきたりですが、現在では希望する神社やお寺でお参りする方が増えてきています。